topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい変化 - 2014.10.04 Sat

最近嬉しいことがあったので久しぶりにブログをUPしました。

最近、ジ~の顔がなんだか穏やかです。
幼くなったようにも見え、
と~ちゃんも、「ジ~可愛くなったな♡」なんて言ってます。

__ (34)

ワタシが変わったから、だと自分で勝手にそう思っています^_^;
その変わったきっかけは、
やっぱりチャーリードッグスクールの夏の座学。
今年は埼玉と宇都宮で受講し、得るものがたくさんありました。
その中でも大きかったことは、共感とリード使い、です。
今までず~っとジ~の吠えに取り組んでいるのですが、
減ってきてはいるものの、イマイチ…^_^;
吠えを止めるためには、
吠える理由を、どうして吠えているのかを知りたいと思い探っていました。
ジ~はほとんどの場合、恐怖や警戒、ではなく、
確認したい、近づきたい、狩りたい、などの興奮、または、驚き、だと思えます。
なので、怖がりのコタと同じように、怖くないよ、大丈夫だよ、を伝えても、
頓珍漢なことをしているだけでジ~にはまたく届かず、
それどころか、信用を無くしていたのだと思います。
興奮したジ~に対しては、
どうして吠えているか、それを理解し、共感し、そして消化してから、
二次強化子を使ってなだめたり、
二次強化子を使いながら、それは違うよ、と毅然とした態度を示したりして、
吠えなくていいよ、気持ちは分かるけどもう止めようよ、を伝える、
そうできれば伝わると感じています。

リードワークも、
引っ張りが強いジ~(ワタシが鍛えて強くした^^;)へのグッパーが全くできず、
今までも何度も教えていただいていてもどうしてもできないでいたのですが、
今回の座学で、間違いに気づいていただいて、
それを意識してからは、引っ張りも興奮も座り込みも、改善してきているように思います。

それらのことがあって、
以前に比べれば心穏やかに過ごせているから、
表情も柔らかくなってきたのかなぁ。
そうだったら嬉しいな♪




__ (34)

コタにも嬉しいことがありました。
コタは、とても怖がりで、車や人、色んなものに、
警戒吠えしたり、吠えたらどう来るのかの試し吠え、マジで怖い時、
ジ~に負けず劣らず吠えます。
吠えかかるので、道路のお散歩は気を抜けません。
二次強化子のタンタン♪マークを使って、車と対提示したり、
ハーネスでホールドラッピングしながらインターセプトしたり、
探せゲームしたり、それらを組み合わせたり、

 ここで、話は逸れますが、刺激しないようにリードをゆるゆる状態を保った方がいい時と
 ハーネスでのホールドラッピングでハーネスにほんの少し圧をかけた方がいい時と
 あるように感じます。
 コタの場合、止まっている状態で不安な時は、ゆるゆるで刺激しないより、
 少し圧をかけてそこに体をゆだねられるようにした方が安心できるみたい。


ワタシの太い足が、車とコタとの間に入るように、
ターゲッティングで誘導したりしてます。
吠えかかる頻度もだいぶ減ってはきていても、
ビクビクするか、吠えかかるか、どちらかのコタ、
今は、車が来ると、ワタシの足越しに車を見るようになる場所に、
ワタシの足元に隠れるように、
自分から移動す時があるのです。
ビックリです!
それと、今日は、道路の右側で作業している人がいたので、
左側を歩き、コタを左の脚側に誘導したらそのままず~っと脚側を保って、
ワタシが相手にあいさつをしても相手の人が大声で声をかけてきても、
それに反応もせず脚側のままふんふん♪と歩き続けスルーできました!
対象物と自分の間にワタシが入るように、
自分で安心な場所に移動する、
そんなことが、コタにもできるようになるなんて!
天才!
感動です。
そして、ワタシを安心できる存在と認めてくれたみたいで、すごく嬉しい♪


1頭づつだと、減ってきている吠えも、2頭だとまだまだです。
ワンギャン吠えたり興奮したりすると、
吠えさせちゃった、興奮させちゃった、心臓に負担になってしまうと、
未だにネガティブに思ってしまうワタシ。
でも、狩りたい!などと興奮し吠えてるジ~は、
キラキラした目でワクワク♪生き生きして見えます^_^;
そんな、ジ〜にとってポジティブな吠えは、ネガティブな気持ちでは止められないと思いました。
そして、コタの怖いというネガティブな吠えに、
一緒にネガティブな気持ちになっては止められるはずはないと。

ワタシの得意なネガティブ思考、
ジ~コタのために変えなくちゃ!
ジ~コタのおかげで変われるかも知れません♪

__ (35)

茨城動物指導センター見学会 - 2014.08.20 Wed


長期放置しておりますが、止めてはおりません^_^;
センターの見学会に行ってきたので久しぶりにUPしてみました。
って、FBのコピペですけど^_^;



今日は、茨城県動物指導センターの見学会に行ってきました。
CDSのお仲間さんのsamiさんが神奈川から、
ギゼラママさんが埼玉から、遥々来て下さいました。
ありがとうございました。

以前にも個人的に見学させていただきましたが、
今日はセンター主催の見学会。
センターの職員さんや
実際に活動されている推進員の方々のお話も聞くことができました。
保護活動、啓蒙活動に全力で邁進されている
センターの方々、推進員の方々、ボランティアの方々、
本当に頭が下がる思いです。

今回、強く感じたこと。
愛護活動は、
「団体」「自治体」などだけでなく、
一番大事なのは
「個人」
だと。

推進員の方が、
「今、動物を飼っている方は、まず今、そこにあるその命を大切に大切にして下さい!」とお話されました。
そうですよね、
それが、愛護活動の第一歩だと思います。
それが周りの人へ伝わり、影響を及ぼすこともあるかも知れません。
それはもう、啓蒙活動になると思います。
個人個人が意識を持つ、
それだけでも、何かが少しづつ違ってくるのではないでしょうか。

今回も、いい刺激を受け、
意識や思いがレベルアップできたように思います。
それをそのまま放置せず、活かせるように精進せねば!

今回、ご一緒した10代の学生さん、
殺処分される動物たちへの思いや、
殺処分を減らしたいという思いが
お友達に伝わらなくて悔しい!とおっしゃって涙しておられました。
今回、参加するのも、施設内を見学するのも、
そして殺処分されるワンコたちと向き合うのも、
とても勇気のいることだったと思います。
ホントかわいい♡(え?違!)
思わず、
「そのまま、今のその気持ちのまま大人になってね!」
なんて言ってしまったワタシ。
変なオバサンと思っただろう( ̄▽ ̄)
実際そうだけど( ̄▽ ̄)

もうひとつ思ったこと。
自分が若いころ、伝わらなくて悔しい!とか思った気持ち、
伝えよう!とか、どうしたら伝わるか、とか、
努力など全くせず、ほとんど諦めてきて、
それにいつしか慣れて、
諦めることが安易にできるようになってしまったなぁ、と。

この歳になってなんですが、少し、もがいてみようと思います( ̄▽ ̄)



茨城県動物指導センター見学 - 2014.05.09 Fri

2月に、チャーリーママさん、ネロくん、カエデさん、ハク母さんが

遥々県外から来て下さりご一緒していただけて、

センター内の見学をさせていただきました。
 ↓ ↓ ↓
http://jeecota.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


今回は、その時に参加できなかった風子さんとジャムラ母さんと3人で。



茨城県は、去年まで殺処分数が全国1位。(今年度、全国の数字はまだ出ていないそうです)

毎年6千頭もの命が絶たれていますが、

今年度は、犬だけで前年度より約1000頭も減っているとのことでした。


そんな現状にホッとしたのもつかの間、

やはり施設内には収容されている犬がたくさんいました。

見学している最中に引き出されるというワンコが1頭、

(来ていた方はボランティアさんだと思いますが)

職員さんに連れていかれ車に乗せられていきました。

その職員さんがワンコに小さな声で

「よかったなぁ…。」と。

私も心からそう思い胸が熱くなりましたが、

その職員さんの気持ちを思うと、

自分の気持ちなんて、ホントにちっぽけなことに思われました。




引き出され、これから幸せになれるワンコがいて、

よかった…と思っているすぐ隣には、

殺処分されることが決まっているワンコたちがいます。

私たちを見つめ、吠え、シッポを振り、

人間を求めているワンコたちが。

人間の勝手な行動のせいで自分が今の状況におかれていると、

もしかしたら理解しているのかも知れない。

でも、犬たちはそれでも人間を求めていると思うのです。

助けを求めているのではなく、

純粋に、真っ直ぐに、人間と一緒にいたい!と。


家庭に大事に飼われているワンコ、

収容されて引き出されたワンコ、

殺処分が決まったワンコ、

大好きなジ~とコタ。

今を一生懸命生きている。

みんな同じ、何の違いもないのに。




自分に何ができるのか。

ずっと前から考えていました。

そして結局何もできない…と自分で勝手な答えを出して。

前回の見学で、今、自分に必要なのは、

できることを探すのではなく、何をすべきか考えることだと思いました。

それは、自分の意識と知識を向上させること!

まずは自分から変わる!!

改めて強く思った見学でした。






風子さん、ジャムラ母さん、お世話になりました。

ありがとうございました!

















CDS宇都宮お散歩トレーニング(2014.3.27) - 2014.03.28 Fri

チャーリードッグスクール

宇都宮お散歩トレーニングに参加してきました~!


雨が降っていて、しかも寒かった…。

みんなカッパを着てのトレーニングになりました。

あ、でも、とっても薄着なのに雨も寒さもへっちゃらで

元気いっぱいな方がいらっしゃいましたけど~♡



今回の参加は、

ハクくんとハク母さん

小次朗くんとコジママさん

りき丸くんとママさん、

単独参加のギゼラママさん、

ジ~とコタとワタシ、

5頭、5名での参加でした。




自己紹介をして、

名前を呼んでおやつ、マグネット、オンリードのおいで、などの基礎トレの後、

拾い喰いの回避の方法を普段している方法でそれぞれにしました。

地面に置いたおやつをスルーするのですが、

ワンコはみんな一生懸命に食べようとしてて可愛かったなぁ♡

(…ってそこじゃないいだろー!)

ジ~もコタもなんとか食べずに通り過ぎることができましたが、

リード使いは強引で荒くなってしまって力で制御した感じになってしまいました。

声掛け、声でのインターセプトが遅すぎたこと、

しっかり止める、ができていないこと、

止めてから前傾になった体制を直すグッパーが上手くできないこと、

そしてコンタクトがまだまだなこと、

課題は果てしない^_^;


片や、ハクくんと母さんのマグネットでのスルーは素晴らしかった!

おやつに気づいてても、ハク母さんの持ったおやつにすごく集中していて、

でも、「おやつで釣っている」状態とは全く違うことがハッキリ判ります。

マグネット、これも基礎に古典的条件付けがあるからこそ!

どんな魅力的な誘惑にも負けない

古典的条件付けで培ってきた気持ちの安定が、

ハクくんと母さんの間でお互いにあるから、だと思いました。

ホントに素晴らしかった~!

あー、動画撮ればよかったなぁ…。



チャーリーママさんからリード使いのお話もありました。

ワンコが歩いている時、リードを横方向へチョンチョン(弱~い力で細かく刻むようにグッパー)すると、

ワンコをその方向へ誘導できるという技。

(詳しくはチャーリーママさんへどうぞ。)

最近、誘導には、顔の向きがポイントだと思ってて…。

ジ~は、自分の行きたい方へ行く意思が強くていつも苦労しています。

行かせたくない方へ、行くんだ!とジ~ががんばっている時、

誘導したい方向へジ~の顔が向いたその瞬間に

「そうそう~♪」と声をかけると、その方向へ歩き出してくれます!

今回、ママさんからチョンチョンの説明を聞いて、

この手応えに確信が持てました。





今回の散トレも、ジ~コタは相変わらずワンワン賑やかでした^_^;

ジ~が吠えると、必ずコタも吠えます^_^;

ジ~が興奮すると、コタはジ~のリードに齧りつき、

すごい力で頭をブンブン振り回します。

リードをグイグイ引っ張られるジ~はますます興奮して、

ジ~がますます興奮するので、コタもますます興奮してリードをもっとブンブンします^_^;


今回も、その現場をチャーリーママさんが見てて下さって、

やっぱり、コタはジ~を止めているのだとのことでした。

ジ~を止めて、ジ~よりも前に出ているそうです。

ジ~は、ナイーブなところがあって、

コタはそれをちゃ~んと解っていて、

そんなジ~を止めて、自分が行く!と。

でも、そんな自分もいっぱいいっぱいの状態なので、

プチパニック状態になってしまうのでしょうとのこと。

コタは、ジ~のことを庇っていたなんて(泣)。

ワタシ、全然解っていなかった…。

なんでそんなことするのーーー!って、時には怒りを覚えることもあって…。

そんなだから止めようとしてもコタに伝わるワケもなく…。

これからは、ジ~の事はか~ちゃんに任せなさい!と

しっかり伝えられるようにがんばるで!!




相変わらずワンワンだったジ~コタですが、

苦手な大きなコとの距離もだんだん縮まってきています。

そして、今回は、今までの吠えとはなんとなく違ってきているように感じました。

前回まではワンワンギャンギャン!

今回はワンワンワンワン! 

^_^;

ウルサイことに変わりはありませんが、

なんとなく柔らかくなったような、(あれでも^_^;)

怖い気持ちや警戒心があっても、

戦う必要はないことを理解できてきたような、

そんな気がしました。

気持ちも体もでっ~かい男たちのおかげです^_^

みんなありがとーーー!!

気持も体も小っちゃいけど、声と騒ぎだけはでっかいジ~コタを、

これからもよろしくです♪



散トレ終了後は、みんなでランチ♪

寒かったので今回ジ~コタには車内待機しててもらいました。

おかげで、他のみんなにはおやつをいっぱい食べてもらえて、

コジコジくんにはお腹を見せてもらえて~♡

至福のひと時でした♪




実は…

気持も体も絶不調で、前日まで参加を迷っていました。

しかも雨。 (天気で気分が左右してしまうワタシです)

でも、チャーリーママさんにお話聞いていただいて、

みなさんとお話して、

ワンコたちの生き生きした姿を見て、

ジ~もコタもワンワンだけど嬉しそうで、

そしたら、いつの間にか絶好調になってました~^_^; (単純~)

チャーリーママさんはじめ、

チャーリー組のみなさんのパワーとあたたかさで

ワタシのモヤモヤはあっ!という間に浄化されました。

チャーリードッグスクールのお散歩トレーニングに参加すること、

それはジ~とコタのトレーニングだけはなく、

自分へのご褒美だなぁ~♪

と思った散トレでした!


チャーリーママさん、

幹事のハク母さん、

参加されたみなさん、ワンコたち♡

ありがとうございました♪

また来月もよろしくお願いいたします!











ジ~の変化 - 2014.03.03 Mon

ジ~とコタの吠えに悩み、

褒めるしつけといいながら、

イザと言う時は大声で怒鳴りリードショックをするという方法をしていた3年前、

散歩に行くことも憂鬱で、

辛くて、切なくて、情けなくて、

泣いてばかりいたあの頃、

チャーリーママさんのブログ

私は社会化のドッグトレーナー

に偶然出会って、

毎日毎日、夢中で読んで、

それからは感動で毎日泣いてたなぁ(笑)




チャーリーママさんの叱りや体罰の一切ないトレーニング、

古典的条件付けを基本としたトレーニングを始めて、

それまで見たことのない笑顔がいっぱい見れるようになりました。

ほとんど振らなかったシッポも、近づいただけプリプリするようになって、

と~ちゃんとばかりじゃなく、ワタシとも寝てくれるようになって、

撫でると逃げていたのに、今では「撫でろよ~!」としつこいくらいに催促するし、

ワタシの顔もいっぱい見てくれるようになりました。

__ (50) - コピー

でも、吠えに対する成果はなかなか感じられずに

時々凹んだりしていた去年の夏、

散歩中に座り込みをして動かなくなってしまうことがきっかけで

古典的条件付けを見直しました。

それが功を奏したのか

去年の秋の頃から、

抱っこ(ホールドラッピング)で吠えが止まるようになって、

興奮して吠えながらもおやつを一生懸命食べられる時があったり、

抱っこしようと腕を出すと自分で乗ってくるようになって、

前に立つと座ることも大分できるようになってきました。


今年になってからは、

吠え出しても、途中で止められる時があったり、

シャンプーの時には、悲鳴もなく暴れないでできるようになって、

最強の興奮の素、ニャンコに遭遇して目の前にしても

パニックまではならなくなって、

そして昨日は、

大っ嫌いな爪切りもできちゃったーーー!


まだまだ、いっぱい吠えるし、

コタが一緒だとそうもいかないことも多いけど(苦)

__ (40)11

コタに比べてジ~は、

おやつに対する反応にムラがあって、

名前に対する反応もとっても悪いです。

聞こえてるのか聞こえてないのか全く分からないし、

完全に無視されることが多々あって、

条件付けが上手く行っていないか、進み具合が遅いのだとずっと思っていました。

でも、反応がないのではなくて、

反応にワタシが気づいていないだけだったのです。

明瞭な身体の動きや行動だけではなくて

分からないくらいの小さな動きだったり

そして、感情に、ちゃんと届いていたのだと思います。

あ~、感動だなぁ~(涙)




なんて思っていたら…

あれ???

反応バッチリのコタの方が、

イザという時にワタシの声が全く届いていないことに気づきました。

古典的条件付けが、ジ~よりも早く上手く進んでいると思っていたけど、

実は全然だった(泣)

反応がいいから、無意識に名前をコマンド化してオペラント条件付けしてしまって、

だから感情にまで届いていなかった…(泣)

こちらも、只今、見直し中です。




でも、

とっても頑固なジ~だから尚更、

ほんの少しの変化だけど涙が出るくらい嬉しいです♪

そして、

やっぱり、

もっとがんばらねばね!と思うのでした。



追記

スッキリしないなぁ、と思っていたら

大事なことを書き忘れてたので…。



ジ~とコタ、同じようにトレーニングしているつもりでも

反応や成果がそれぞれ違ったり、

それが考え直すきっっかけになり、

ガンとして動かなかったジ~の座り込みで、間違いに気づいたり、

「か~ちゃん、それは違うんじゃね?」と

ジ~とコタが、身を持って

教えてくれることはとっても大きい!

そのおかげで、ワタシも成長できています。

だから、のんびりしてないでもっとがんばらねばね!

そしてジ~とコタに返したいな。




あー、スッキリしたー!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jeecota

Author:jeecota
ワンワンギャンギャンな
ジジとコタロ~。
克服のためガンバっています!!

ワンににもヒトにも優しいトレーニング

Twitter

カテゴリ

jeeとcota (357)
ワンワン日記 (5)
お散歩トレーニング (21)
その他いろいろ (23)
その他いろいろ(ワンのこと) (11)
バイク (9)
モーター (5)

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。