topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い主の声 - 2013.01.23 Wed

先日のつくば散トレで

チャーリーママさんに質問させてもらった事を。


去年の12月、ニャンコを保護し、

里親を探しながら一緒に暮らしています。

仮名、モーターです

一緒にといっても

ジ~とコタ(特にジ~が…)はニャンコに対して興奮がハンパないので

別の部屋に隔離状態(とっても寂しい思いをさせていると思います…)です。

それなのに連れて帰ってきてしまったことは

間違った判断だったのかもしれませんが、

あの時、寒空の下、ガリガリのモーターをその場に残して帰ってくることは頭になかった。

アタシ…実を言うと…(軽蔑されてしまうかも知れませんが…)

ニャンコは苦手だったのです…。

猫の目とか、臭いとか、発情期の鳴き声とか…、

苦手でした…。

でも、それでも、あの時は迷わず連れてきてしまった。

今は、全部大好き♡(切り替え早過ぎー^_^;)

本当は、すぐウチのコに迎えたい…。

でも、ジ~の精神的負担が心配なのと、

モーターも思いっきり甘えられる家族のところに行けた方が幸せだと思うので

里親さんを探しています。


里親さんが見つからず、

ウチのコとして迎えることになる場合も考えて、

ジ~とコタが、どうにかニャンコに慣れて、

同じ部屋にいられるようになれたらなぁ、と。

でも、ジ~の興奮は本当にスゴイのです!

吠えるなんてもんじゃない。

散歩中もニャンコの臭いがすると

ハーネスがちぎれそうな勢いで引っ張り、

姿を見つけたらそれはそれはスゴイ勢いで暴れ、吠えます。

吠える、とういうより、叫びます。

そんなジ~がいるのに、連れてきてしまったことは間違いだったのかも知れません。

でも…

と、いつもいつも、堂々巡りになるのですが…



ニャンコと仲良く暮らしているワンコはいっぱいいます。

それを考えると、

ジ~にも可能性はないとは言えないと思うのです。

無理と決めるのは、私の諦め。

可能性を摘んでしまうこと。

それは、したくないと思うのです。


まずは、ニャンコへの興奮の理由を考えました。

恐怖からではない。好き過ぎてのもの?

それも違うような気がしてたある時、

気が付きました(遅すぎーーー!)

狩りたい!!です。

そして、色々考えてみると、

ジ~の悩みは、

動物の本能が強く出てしまう、とういう事ばかり。

(もちろん、その時々に正しい対処ができなかった事が問題を大きくしてしまったのですが…)

ニャンコに対する興奮は狩猟欲、

散歩中の匂い取りの時の引っ張りもそうだし、

家や車から窓の外を通るヒトやワンコに対する吠えと興奮

(血の通う動くモノを追いたい)もそうかと。

未去勢の男のコに攻撃的な事は、自分の子孫を残すための本能だと思うし。


コタも吠えと興奮という意味では同じ悩みですが、

コタの吠えは恐怖からくるものが多く、

その対処としては、古典的条件付をしっかりして、経験を積んで、自信を付ける!

とういように、なんとなくつかめてきたのですが、

ジ~のように、本能からくる欲には、どうしたらいいか?



人間とは違う、動物の本能からくる欲。

聞いただけで、もうどうしようもないような気がしてきます^_^;

実際、そんな時は、声届かず、おやつなんか見向きもしません。

できません。


今まで、2回ほど、ガラス越しに対面させました。

案の定、一気にパニック!吠えまくり暴れまくり。

その場でガッチリホールドラッピング。

でも暴れまくる。

元々、転位的噛みがあったので、

この時は、2度とも咬まれました。

咬んで頭を振るんですよ^_^;

まぁ、これも想定内。

問題は、これがいつまで続くか。

落ち着くまでその場でホールドして、

落ち着いたところに声をかけたかったのですが、

一向に落ち着かず、吠え続け、暴れ続け、

こうなると、心臓への負担が心配になって、

途中でその場を離れました…。

それらをママさんにお話ししました。

ママさんの回答は、

本能の欲への対処も、やはり古典的条件付け、だと。

あぁ、やっぱりそうかぁ。

それしかないよなぁ、と思いましたが、

そう聞いたとき、

とてつもなく遥かかなたの目標になってしまったような気がしました。

諦めの気持ちがチラチラしてしまったような…。

でも、ママさんが言うのです。

「でも、どんな欲よりも、ワンコさんが本当に聞きたいのは飼い主さんの声だからね。」

と。

それを聞いた時、

ワタクシの涙腺は一気に崩壊してしまいましたよー。

またまた、ママさんにヤラレテしまいました^_^;

そうですよね!

怖い時、どうしていいかワカラナイ時、パニックの時、

ワンコが頼れるのは、飼い主であるアタシ、

アタシしかいないのです。

救ってあげられるのは、アタシだけなのですよ。

そして、ワンコは本当はそれを求めている。

そしてそしてそんな時、

叱りや罰で対処するなんてことは、考えられません!




ブログを読んでてもそうなのですが、

ママさんの言葉は飼い主の心に、

時には、ジ~ンと、

時には、ガーーーン!と

時には、ドドーーーン!(?)と響くのです!

それは、やっぱり飼い主さんの悩みや葛藤を本当に理解して下さって、

乗り越えた喜びを心から喜んで下さるからなのだと思います。

頭にチラついた諦めの文字は、一気に吹き飛びましたよ!

これからが更に楽しみに、

どんな時にでも聞きたい声の飼い主になろう!と

意欲がモリモリになりました!

道のりは険しく遠いですが、

のんびり楽しく歩んでいきます♪


130120_1311~01
ボク、か~ちゃんと一緒にがんばるよ!






スポンサーサイト

モーターの里親さんになってください! «  | BLOG TOP |  » つくばお散歩トレーニング

プロフィール

jeecota

Author:jeecota
ワンワンギャンギャンな
ジジとコタロ~。
克服のためガンバっています!!

ワンににもヒトにも優しいトレーニング

Twitter

カテゴリ

jeeとcota (357)
ワンワン日記 (5)
お散歩トレーニング (21)
その他いろいろ (23)
その他いろいろ(ワンのこと) (11)
バイク (9)
モーター (5)

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。